念入りクレンジングがスキンケアの第一歩に

どんなにいい化粧水や美容液を使っても、それを吸収できる肌の土台がなくては意味がない。

メイクにかける時間と同程度の時間をクレンジングにかけ、負担のかかったお肌を労わる
スキンケアの第一歩がクレンジングであると30代を過ぎて肌年齢に悩む筆者は考えます。

筆者も若いころはお風呂で使える洗浄力の高いオイルクレンジングを使って目元をゴシゴシ
黒くなったオイルを伸ばして、肌全体をゴシゴシ。(思い出すだけで身の毛がよだちますね。)
スキンケアにおいて摩擦は絶対にNG。

まずはスチーマーにドラッグストアなどで買える精製水を入れてスイッチをオンにし、
ミストを顔全体に当て、メイクを浮かせます。
スチーマーがない場合は濡れタオルをレンジでチンしてもOKです。
メイク汚れが浮いてきたらクレンジングクリームを顔全体に伸ばしてオフしながらマッサージ。

マスカラを入念に重ねた目元はコットンや綿棒にポイントリムーバーを浸して丁寧にオフしていきます。

まつ毛エクステを施している場合は専用のメイク落としを使うのがエクステを長持ちさせるコツです。

クレンジングクリームにはPONDSのエイジングビューティークレンジングや、ちふれのコールドクリームを使用しています。

どちらもドラッグストアで購入でき、大容量で値段も安価でおすすめ。

しっかりメイクを落としたあとは、たっぷり洗顔クリームを泡立てたあと
泡を滑らせるようにして顔を洗っていきます。この時も摩擦は絶対にNGです。

洗う順番としてはまず最初にTゾーンなど油分の気になる場所に乗せ、
乾燥の気になる頬や口回りは最後に乗せていきます。
また週に1度の酵素洗顔や炭酸洗顔が、角質のケアや毛穴のケアに効果的です。
セブンイレブンで購入できる雪肌精の炭酸洗顔はひとつひとつ個包装になっており衛生的であり、こちらもおすすめ。

お風呂上りには丁寧にスキンケアを施すのですが、拭き取り化粧水を使って
化粧水前のブースターとして取り入れてみるのもいいと思います。

クリニークは自身の肌の水分状態に合わせて選べるものがあるのでおすすめです。

クレンジングをしっかり行って、肌を労わった状態でスキンケアを行うと肌が水分をしっかり吸収し
もっちりとした肌状態に仕上がります。

翌日のメイク乗りが変わり、翌日のメイクが楽しくなることかと思います。
いま話題のモテる男が使っているニキビケア対策