旧友に40年ぶりに会えるクラス会を私はドタキャン

クラス会の招待状が届いた。
私が会いたいのは初恋の女性、その人が40年経ちどうなったか一目だけでも見てみたいのですが、中学卒業から40年経った私は見るも無残な有様。
中学当時の私は女子からファンレターをもらったこともある、今で言うイケメンでした。
しかし、卒業から40年経つとイケメンの面影は何処にも残っていない、部屋中探しても私がイケメンだった面影は落ちてない、押し入れを探しても出て来ない。

イケメンだった頃を知る妻は、私と結婚をしたことを失敗だったと言うが、私も妻と結婚をしたことを失敗だったと思っている、今の妻には可愛かった頃の面影は微塵も残っていない。

鏡をマジマジと見るのは何年ぶりだろう?
クラス会の招待状が届いてからは、自分の容姿を鏡に映すことが多くなった。
若い時にはイケメンだった私が、なぜ、見るも無残な有様になってしまったのだろう?
無残な有様は妻から感染したものか?イヤ違う、昔の妻は男子からファンレターを貰っていたほど可愛かった。
罰でも当たったのか?イヤこれも違う、人に迷惑を掛けるようなことは何もしていない。
夫婦揃って突然変異してしまったのか?
鏡に映る自分とアルバムに映る自分を見比べると、明らかに違うのは毛量。
還暦間近な私は髪が薄くなっており、妻のウィッグを借りて付けてみると、久しぶりに妻は笑ってくれた。
妻はウィッグを1つしか持っていないため、娘のウィッグを勝手に借りて付けてみると、娘にブチ切れされた。

女性用のウィッグは男性の私にはどうやら似合わない、カツラを買うことも考えたのですが、クラス会のために高額なカツラを買うのは勿体ない、クラス会には妻と娘からプレゼントされた帽子を被っていくことにしました。

クラス会会場は実家から近かったため、実家で自転車を借りて会場へ行くと、駐車場には高級車がズラリ。
クラス会にはどんなヤツが参加するのか離れたところから見ていると、学生だった時に勉強が出来たヤツばかり。
高級車に乗って来ているのは勉強が出来たヤツ、勉強が出来なかったヤツは誰一人クラス会には来ておらず、会場近くまで来ても私は参加しなかった、イヤ違う、参加出来なかった。

妻と娘から貰った帽子を深々と被り自転車を漕いでいると、キレイな女性とすれ違った。40年経っても初恋の人とスグに分かったが、私は声を掛けることが出来ませんでした。
ラントゥルース

私が肌のために行っているプチ肌断食について

私はプチ肌断食を行っています。以前から毛穴の黒ずみが気になっていて、色々な方法を試したのですが何しても効果があることはないほど強力でした。

そして色々な方法を探していく中で、私は肌断食というものを見つけました。肌断食はスキンケアなども何もせず、肌が持っている本来の力をまた発揮させようというものです。

しかし以前から少し気にはなっていましたが、メイクをしたりするので結局できずチャレンジはしませんでした。ですが新型コロナウイルスの影響で、家でずっといてメイクをしなくていいので、私は思い切ってすることにしてみました。

方法としては、私がしているのは週末プチ肌断食です。月曜日の朝から金曜日の朝まではいつも通りの洗顔とスキンケアをします。そして金曜日の夜から日曜日の朝までは水洗顔で、スキンケアも一切しません。

ここで注意しないといけないことが、日中もメイクや日焼け止めを何もつけてはいけないということです。これらを使うと洗顔を使わないといけなくなります。したがって、日焼け止めもつけないので外には本当に最低限しか出ないように注意しました。どうしても外にでないといけない用事があれば、マスクと帽子をつけて、日傘をさして紫外線を最小限に抑えました。

そして初めてのプチ肌断食を行ってみるとびっくりしました。なんと前までスキンケアをした直後にはもうでてきていた毛穴の黒ずみが薄くなっていたのです。

なにを試しても本当に効果がなかったのに、逆に何もしなかったら薄くなり衝撃的だったことを覚えています。ただ、プチ肌断食を試す上でとても乾燥肌だとか言う人は、いきなりスキンケア全部を無くすのはやめた方がいいと思います。

少しずつ減らしていったり、乾燥がひどすぎる場合は何かクリームだけを塗ったりして肌を慣れさせる必要があります。私はむしろオイリー肌ですが、最初の頃は1部だけ荒れているところもありました。

しかしそれは、肌が悪い成分を出している証拠なので置いておいたら知らない間に治っていました。プチ肌断食をする際には、自分のお肌としっかり向き合いながらぜひ試してみてください。
羊膜エキス配合の乳液の最安値情報はこちら

老けて見える手にサヨナラ!私が実践しているアンチエイジングケア

現在34歳、右手の甲の中指の付け根にだけカサカサし発疹と痒み、それに伴い掻いてしまった時に出血症状が出ます。
それまでは自分で言うのもなんですが白くてきれいな手で冬場に人並みに乾燥する程度でした。
きっかけは調理師学校と飲食店のアルバイトでの洗い物です。業務用の強力な洗剤を使用するうえ、洗い物においては手袋を装着することが許されていない業界なので、影響は大きかったようです。
皮膚科に行き抗生物質をいただきすぐに治りましたが、犬を飼っておりなめてしまうのが不安なことと、抗生物質の不自然な効き目に逆に怖くなって使用をやめました。様々なハンドクリームを試しましたが高級ブランド物の香り重視のものやドラッグストアに売っている手ごろな値段のハンドクリームでは痒みは収まらず発疹や出血もよくなりませんでした。
また今はやりの某ピンク色のパッケージの皮膚科専門のクリームも効き目はありませんでした。
結論、私が最強の乾燥対策として選んだのは『白色ワセリン』です。なぜもっと早く気付かなかったのかと思うほどです。安価で副作用もなく保湿効果は絶大、保湿をすることにより発疹も痒みも消えました。抗生物質のような心配もなく、しいてデメリットをあげれば比較的ベトつくことと犬を触ったときに毛がつくぐらいです(笑)。
今でも少し塗布をさぼるとかさつき痒み発疹は出ますが、一時期のような出血しまくりのかわいそうな手の甲からは脱しました。とっても満足しています。
高価な硬いタイプのハンドクリームも試しましたが、硬すぎて手の温度で溶かすことも面倒になり、コスパもよくないのでやめてしまいました。
気を付けていることは、
・洗い物はどんなに少量でも手袋をすること
・手が濡れたら即保湿
だけです。
シンプルイズベスト、これが一番効果的です。最近ではチューブタイプのやわらかめのワセリンも売られていますので、そちらも試しに使ってみようかなと思っています。
シロジャムの効果を実感する

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)とは?

EGFは、皮膚の一番上にある表皮と呼ばれる部分の細胞が成長することを促す働きを持つ成分です。

体の中で作られているたんぱく質の一種で、肌のターンオーバーと深く関係しています。

肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーは、新しい細胞が生まれるとともに古くなった細胞が垢になって剥がれ落ちていくことで、ターンオーバーを繰り返すことできれいな皮膚を保っているということになります。

年齢とともに、EGFの量が低下してくるためにターンオーバーが滞り、肌の生まれ変わりがスムーズにできなくなってくるため、くすみやシミ、しわなどの老化のサインにつながっていきます。

EGFは、医療分野でも注目されている成分で、安全性が高い成分と言われていることと効果を期待することができるため、美容業界や化粧品業界では大変注目されており、すでにEGF配合の化粧品は話題を集めています。

エイジングケアに興味があるという人に人気があるのが、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の弾力に関係のある成分ですが、最近ではコラーゲンやヒアルロン酸などの成分を肌に与えることだけでなく、FGFによって肌が自分で生み出すことができるようにするケアが人気です。

FGFは、線維芽細胞成長因子と呼ばれており、肌の奥にある真皮を構成している成分のコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す細胞を活性化させることが期待できる成分です。

ハリとうるおいのあるみずみずしい素肌を保つコラーゲンやヒアルロン酸などを増産させることができるので、若々しい素肌になることができると大変注目されています。

EGFもFGFも、もともと人間の体内にある成分なので安心して使用することができます。年齢とともに不足している成分を補い、保湿と弾力に関わる成分の増産や肌の生まれ変わりを促していくことで自分自身で美しくなることをサポートするため、ナチュラルな若々しさを手に入れることができ、若々しさをキープすることができるようになるとすでに人気が高まっている成分です。

肌の奥にまでしっかりと浸透させることがポイントになるため、化粧水や乳液に含まれている成分に期待するのも良いのですが、シートマスクやパックなどになっており、肌への密着度が高くて浸透をより促すようなアイテムを選ぶことをおすすめします。

先端医療や美容医療でも使われている成分で、効果的なエイジングケアをしたいという人に注目されています。
ヒト幹細胞培養液コスメならEGF・FGF配合のグラステムセル