口臭の原因って何?対策や予防でクリアな息を

・口臭の原因はさまざま
口臭の原因は実は色々あり、必ずしも口腔ケア不足だけが原因とは限らないのが現実です。
あなたの口臭の原因がどこから来ているのかわからないとむやみに口臭対策をしてもなかなか効果が感じられないこともあります。
こちらでは実際に口臭の原因にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

・たんぱく質の付着による口臭
不快感を伴う口臭は、口にたんぱく質が付着していることで、細菌の働きによりガスが発生するケースです。
粘膜のかすや唾液、食べかすに含まれるたんぱく質が口腔内の細菌に分解、発酵されて口臭に繋がります。
玉ねぎの腐ったニオイと表現されるのはメチルメルカプタン、卵の腐ったニオイは硫化水素によるものです。
ジメチルサルファイドはキャベツの腐ったニオイで知られますが、口臭の強弱に大きな影響を与えているのはメチルメルカプタンです。

・血液中の成分による口臭
血液中の成分による口臭もまた、主なニオイの発生要因の1つとされます。
ニンニクやニラを使った料理は、食後にお口の臭気が強くなり、口臭が気になることで有名です。
飲酒もまた同様にニオイを強めますが、これらはいずれも消化吸収された後に、血液中にニオイの成分が溶け込んで肺を通り、口や鼻から出るのが原因です。
人に会う前には口にするのを避ける、あるいは食べる量を減らすなどが基本的な対策となります。
一度血液中に溶け込みニオイが出始めると、対処は難しくなるので厄介です。

・唾液の分泌不足から起こる口臭
唾液不足による口臭は、口腔内の洗浄や自浄作用を持つ唾液が減ることで、ニオイの元となる細菌の増殖を許してしまうのが問題です。
緊張などで口の中が乾燥すると、自浄作用が低下してしまい、細菌にとって都合の良い環境になります。
また、さらにたんぱく質の分解を行う細菌が増えますから、結果的に口臭が発生したり、ニオイが強くなってしまいます。
唾液腺を刺激する咀嚼や会話などの口の動きは、口腔内の乾燥を防ぐ上で大切だといえます。
単純な水分の摂取不足も影響しますから、こまめに水を飲むなどして、口の中を潤すことが必要でしょう。

・舌の汚れや歯周病
舌の汚れや歯周病もまた口臭の発生源で、ニオイが目立ったりきつく感じられるようになりがちです。
舌苔は舌に付着する汚れのことで、口臭の原因になる細菌とたんぱく質が多く含まれます。
乾燥状態が加わると更に細菌は増えやすくなり、口臭が起こり強くなっていきます。
歯周病はプラークが舌苔と同じく、細菌増殖の温床となる環境が口臭の元です。
歯垢はたんぱく質の集合体ですから、そのまま放置するとやがて口臭に繋がるのは当然です。
同時に、炎症が発生して余計に臭気が強くなる状況になっているので、歯垢を取り除き炎症を鎮める必要があります。

・ストレスから起こる口臭(心理的口臭症)
心理的口臭症も、口臭の原因の1つと考えられています。
心理的口臭症は口腔内にトラブルがないにも関わらず、本人が口臭を気にして日常生活に支障をきたすものです。
日常生活に影響がなければ気にし過ぎに過ぎませんが、強く生活に影響が出始めると、日常生活を送る上での妨げになります。
心理的口臭症の発症要因には、強いストレスや不安があるとされています。
いわゆる心の病が背景にあるケースも存在するので、心理的なアプローチも考えて、対策を検討することが必要だと思われます。

・口臭の対策としておすすめの方法
お口のニオイ対策でおすすめに値する方法は、口臭対策に良い成分を含むケアアイテムを使うことです。
口臭予防効果が認められている薬用成分配合であれば、日常的なケアにおいてニオイの軽減に期待できます。

・口臭のセルフケア方法
セルフケアする場合は、歯ブラシで無理にゴシゴシと舌苔を落とすのではなく、舌ケア用のアイテムで優しく汚れ落としをするのが得策です。
力任せに舌を磨くと、傷が増えて細菌が入り込みやすくなり、結局は細菌が増えてニオイが強くなるので要注意です。

・マウスウォッシュも効果的
殺菌の意味ではマウスウォッシュも有効で、歯磨きの後に使用すると相乗的に口腔内の清浄な状態が保てます。
細菌の増殖が防げますから、長時間口臭を抑えることができるはずです。

・歯科医など専門医に診てもらうのもいい
こまめな歯磨きやマウスウォッシュをしてもニオイが気になるときは、思い切って歯医者に見てもらうのが賢明です。
健康問題が口臭の原因に隠れていたり、心理的な要因がニオイを強めていることもあるので、歯医者に見てもらうのは対策において有効です。
相談を先送りにしたり自分で解決することに固執してしまうと、問題解決までに時間が掛かることになります。
意見は意見として、歯医者に見てもらうことは口臭対策のヒントになりますから、早めに相談すると口臭の悩みを長く抱えずに済みます。
基本的に自分でできることといえば、歯磨きを適度に行い、マウスウォッシュで仕上げて口腔内を清浄に保つことです。
過度な歯磨きは歯と歯茎を傷つけてしまい、細菌の温床を増やしてしまうのでNGです。
力を入れて磨くよりも、歯間や歯周ポケットを意識して、細かく歯垢を取り除くように意識することが大切です。

・歯磨き粉にもこだわろう
口臭対策に良い成分の歯磨き粉は、自宅でセルフケアする場合の頼れる味方になります。
鏡で見えにくい歯の裏側や奥に注意して、歯垢の除去に主眼をおいた歯磨きが口腔ケアの基本です。
歯間ブラシの使用も歯垢除去に役立ちますし、親知らず用の細いブラシも有用です。
マウスウォッシュは仕上げ用なので、これだけで歯垢除去や口腔ケアはできませんが、補助的に用いると歯磨きのみと比べて口臭対策の効果がアップします。

・口臭の予防には
口臭の予防は、日常生活における生活習慣の見直しが、重要な鍵を握ると考えられます。

・胃腸を整えておく
胃腸を整えるのも口臭予防に良いので、消化吸収に時間が掛かりにくい食べ物を選んだり、負担を掛けないように食べるのがベストです。

・よく噛んで食べる
よく噛んで食べる、つまり咀嚼を意識的に行うことは、胃に留まる時間を減らし、吸収をスムーズにする結果に結びつきます。
咀嚼回数の増加は、それだけ唾液の量を増やすことにもなるので、昔から言われているよく噛んで食べることは口臭予防において説得力があります。
よく噛んで食べる際は、食感に意識を向けて噛んだり、味わいの変化を意識してみるのが良いでしょう。
口腔内では噛む度に食感や味が変化するので、意識するだけでも食べることの意識が変わってきます。

・食後の歯磨きやマッサージ
食後の歯磨きも大切ですが、歯茎のマッサージも有効ですから、ブラッシングで歯茎を刺激することをおすすめします。
ゴシゴシと磨くと傷つけたり血が出てしまうので、あくまでも毛先で優しく刺激する程度に留めます。
適度なマッサージは、血行を促進して血流を増やし、歯茎をより強い状態へと導きます。
正しく行うと歯茎のマッサージは気持ち良いものですし、自然と気持ちが落ち着いてリラックスできるでしょう。

・禁煙や禁酒も予防に効果的
禁酒や禁煙も口臭の予防に効果的で、日頃から毎日のようにお酒を飲んでいる人なら、1週間ほど禁酒するだけで明らかな口臭の変化に気がつけます。
アルコールはそれ自体が独特のニオイを持ちますが、一方では歯周病を進行させてしまい、間接的にも口臭を強めることが分かっています。
詳細なメカニズムはまだ解明されていませんが、有力な説の1つに、アルコールの利尿作用で脱水に似た症状が起こり、唾液が減少するものがあります。
このように、アルコールの摂取が脱水や口腔内の乾燥を招くので、禁酒に取り組むのは口臭の予防に役立ちます。
喫煙が口臭に直結するのはいうまでもないので、禁煙はたばこ特有のヤニ臭さの軽減、改善に至ります。

・口臭の悩みまとめ
口臭の原因から対策法や予防法に関して、ご自身の中で当てはまるものはございましたか?
まずはあなた自身の口臭の原因を明らかにし、その原因の根本を対策するのが口臭ケアの近道となるでしょう。
毎日の積み重ねできっとあなたの口臭は今より良くなるはずです。
根気よくコツコツと口臭ケアを進めていきましょう。
ノッシュの口コミは本当?薬用マウスウォッシュの体験談

ニキビ肌だからすっぴん!!……もしかしたらそれ、逆効果かも

私はニキビ肌に長年悩んできました。みなさんもきっとこの記事を読んでくださっているということはしつこいニキビに悩まされている方だと思います。

では早速本題に移ります。
皆さんはニキビ肌に悪影響を及ぼすものってなんだと思いますか?

答えは色々ありますが、多くの方はお化粧、特にベースメイクはニキビ肌に悪いと思われているかと思います。

その意識はあながち間違っていません。
しかしだからといってすっぴんでお出かけしていませんか?それ、実は逆効果かもしれません。
そこで私が実際に行った結果ニキビ肌から卒業できたおすすめの方法をご紹介致します。

まず、ズバリ結論から言います。

すっぴんで外出はやめた方がいいです。

なぜなら、外には沢山の排気ガスや埃があるからです。これらがすっぴんの肌に付着すると逆に肌荒れの原因になってしまいます。また、最も怖いのが紫外線です。肌荒れの原因になるだけでなく、ニキビ跡にも繋がってしまいます。これらから肌を守るのは、意外なことにメイクなのです。ベースメイクで肌をコーティングすることで外気の有害物質から肌を守ることが出来ます。

しかしそうは言っても、ベースメイクをすればそれでいいという問題ではありません。

大切なのは肌に優しい化粧品を使ってあげることです。具体的にはミネラルファンデだったり、寝る時に塗っても大丈夫な商品だったり、ノンコメド処方と記載のある商品です。(ノンコメド処方とはニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビといったコメドの元になる物質が含まれていないということです) ミネラルファンデは高価なものが多かったりするので、おすすめは寝る時に塗る用の下地を塗ることです。薬局にも普通に売ってるので探してみてください。
また、メイクはしっかりと落とすことが大切です。メイクの残りは肌荒れの元になります。とはいえ、ガッツリ落とすために化粧落としを付けてこすったりオイルクレンジングを沢山使ったりするのは良くありません。肌の乾燥に繋がりニキビの元になります。

以上のようにある程度はお化粧をして過ごすことが望ましいです。すっぴんを心がけていた皆さんは1度お試しください。
パーフェクトニードル

ニキビからわたしを解き放ってくれた救世主

10代~20代半ばまでずっとニキビに悩まされてきました。
それまでの知識は、オイリー肌だからニキビができるんだと思い込んでずっと脂肌用の基礎化粧品を使っていました。
生理前などはそれはもうひどくなり、鏡を見るのも顔を洗うとき触るのもすべて嫌でした。
皮膚科へ通うもベトベトした塗り薬しか処方されず、本当に八方ふさがりでした。

ある時、近所の違う皮膚科へ行ってみました。
先生の診察は「日焼け対策しないとダメよ!美白して」と、ニキビよりそっち?!と思いつつ、処方された飲み薬をもらって帰りました。
この飲み薬が本当によく効いて、効能が強いので胃薬と一緒に飲まないと胃が騒ぐほど強力でした。
飲み続けるとすぐ効果があらわれて、みるみるニキビが鎮静していきました。
そして先生のおっしゃってた「美白してね」の言葉どおり、化粧品をホワイトニングシリーズに全部変えました。
これもまた効果テキメンで、使い続けていくとニキビの赤みや跡が薄くなっていきました。

今までの肌対策は何だったんだ…
とそこへまた衝撃の一言が!
ホワイトニングの基礎化粧品を買いにいったブランドのBAさんが、わたしの顔を見て
「お化粧何時ぐらいにしました?」と尋ねられたのです。
「朝だから、1~2時間ぐらい前です」と答えると、
「それ乾燥してるからすぐお化粧がくずれるのよ!オイリー肌用のファンデーション使ってません?」とおっしゃって、
衝撃でした。
え………乾燥肌だったのわたし…?
すすめられるようにファンデーションも変え、使ってみると驚くことにお化粧が浮いてこない!くずれない!
この日からわたしは乾燥肌に分類されました。

自分の思い込みですごい遠回りしたなと感じましたが、
運良く二人の女性のおかげで、わたしは長年の悩みのニキビから解放されました。
今は保湿重視で、きちんと野菜や水分を取り、常に日焼け対策をしてニキビができにくい肌を維持する努力をしています。
ニキビで悩まれてる方はたくさんいると思います、
まずは水分をよく取り、化粧水はアルコールフリー(アルコールがニキビにしみて赤くなるので)のものを使い、安い化粧水でいいのでたくさん使いケアしていくと簡単で手軽にできると思います。
チークポアパッチ