EGF(ヒトオリゴペプチド-1)とは?

EGFは、皮膚の一番上にある表皮と呼ばれる部分の細胞が成長することを促す働きを持つ成分です。

体の中で作られているたんぱく質の一種で、肌のターンオーバーと深く関係しています。

肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーは、新しい細胞が生まれるとともに古くなった細胞が垢になって剥がれ落ちていくことで、ターンオーバーを繰り返すことできれいな皮膚を保っているということになります。

年齢とともに、EGFの量が低下してくるためにターンオーバーが滞り、肌の生まれ変わりがスムーズにできなくなってくるため、くすみやシミ、しわなどの老化のサインにつながっていきます。

EGFは、医療分野でも注目されている成分で、安全性が高い成分と言われていることと効果を期待することができるため、美容業界や化粧品業界では大変注目されており、すでにEGF配合の化粧品は話題を集めています。

エイジングケアに興味があるという人に人気があるのが、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の弾力に関係のある成分ですが、最近ではコラーゲンやヒアルロン酸などの成分を肌に与えることだけでなく、FGFによって肌が自分で生み出すことができるようにするケアが人気です。

FGFは、線維芽細胞成長因子と呼ばれており、肌の奥にある真皮を構成している成分のコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す細胞を活性化させることが期待できる成分です。

ハリとうるおいのあるみずみずしい素肌を保つコラーゲンやヒアルロン酸などを増産させることができるので、若々しい素肌になることができると大変注目されています。

EGFもFGFも、もともと人間の体内にある成分なので安心して使用することができます。年齢とともに不足している成分を補い、保湿と弾力に関わる成分の増産や肌の生まれ変わりを促していくことで自分自身で美しくなることをサポートするため、ナチュラルな若々しさを手に入れることができ、若々しさをキープすることができるようになるとすでに人気が高まっている成分です。

肌の奥にまでしっかりと浸透させることがポイントになるため、化粧水や乳液に含まれている成分に期待するのも良いのですが、シートマスクやパックなどになっており、肌への密着度が高くて浸透をより促すようなアイテムを選ぶことをおすすめします。

先端医療や美容医療でも使われている成分で、効果的なエイジングケアをしたいという人に注目されています。
ヒト幹細胞培養液コスメならEGF・FGF配合のグラステムセル